矯正の種類

透明で目立ちにくい取り外しが可能なマウスピースを
患者様に提供

歯列矯正の種類

歯列矯正にはインビザラインのようなマウスピース矯正と、歯の表面に矯正装置を装着するワイヤー矯正に二分されます。当クリニックでは目立たずご自身で着脱が可能なマウスピース矯正をご用意しており、患者様のご希望や歯の状況に合わせて、しっかりカウンセリングを行っております。

当院がマウスピース矯正を選ぶ理由

  • できるだけ見えにくく、
    通院回数を減らしたい

    マウスピース矯正は、その名の通りマウスピースを用いて患者様ご自身で装置を脱着できる矯正方法で、通院回数も2~3ヶ月に1回程度で済むという通いやすさもメリットになります。目標とする歯並びになるまで、歯の位置に合わせて何度かマウスピースを交換するため、痛みを感じにくいことも特徴的です。

    マウスピース矯正について
  • どんな歯並びでも
    対応できるものがいい

    矯正歯科治療の中でもベーシックな治療法がワイヤー矯正です。ブラケットと呼ばれる装置を歯に装着し、ワイヤーを通すことで歯を移動させます。インビザラインとは違って笑ったときなどに装置が見えてしまうことがデメリットですが、どんな歯並びにも対応できるということがメリットです。

    ワイヤー矯正について

ワイヤー矯正について

  • 歯と歯を固定してしっかり矯正したい

    ワイヤー矯正では、ブラケットと呼ばれる矯正装置を歯に取り付けて、装置にワイヤーを通すことで歯に圧力をかけます。これによって歯を動かしたい方向に向けて徐々に移動させて固定し、歯並びを整えることがワイヤー矯正を用いた治療法です。
    ワイヤー矯正の脱着や調整はすべて歯科医師が行いますので、歯科医師の技術次第で結果の良し悪しが異なりやすい点も特徴と言えます。固定力が強いため外れる心配がなく、状況に応じてマウスピース矯正を併用することもあります。

  • メタルブラケット

    歯の表面に金属製の矯正装置を取り付けるメタルブラケットは、矯正治療という言葉を聞いた際に多くの人が思い浮かべる最もベーシックな治療方法です。
    最近ではセラミックを使った矯正なども行われていますが、メタルブラケットのメリットは比較的安価で治療を行えることでしょう。笑ったときなど、口を開けた際に矯正装置が見えてしまうことがデメリットです。

  • メタルブラケットのメリットデメリット

    • Merit

      • 比較的安価で提供されやすい
      • 発音などには影響しにくい
      • ほとんどの歯並びの症状に適応できる
    • Demerit

      • 矯正していることを気にする方には向かない
      • 矯正装置で口元に厚みが出る場合があります
      • 食べ物の残りカスなどが詰まりやすい
  • 審美ブラケット

    • 歯になじむ色や目立たない色のものを審美ブラケットと言います。歯の表面に装置を取り付ける点はメタルブラケットと同じですが、白や透明色の装置を使い、ワイヤーを乳白色にすることで目立ちにくくすることが可能です。
    • 金属製より目立ちにくいものの、完全に矯正を隠すことはできません。
  • 審美ブラケットのメリットデメリット

    • Merit

      • メタルブラケットより色合いが歯の色になじみやすい
      • 歯並びのほとんどケースに適応できる
      • 発音などには影響しにくい
    • Demerit

      • メタルブラケットに比べ、費用はやや高額
      • 矯正装置で口元に厚みが出る場合がある
      • 食べ物の残りカスなどが詰まりやすい
  • リンガルブラケット(裏側矯正、舌側矯正)

    歯の表面ではなく、内側に矯正装置を取り付けることが特長的な歯科矯正治療法です。「裏側矯正」や「舌側矯正」と呼ばれることもあり、目立ちにくさを優先する人から愛用されています。
    歯の裏側に装置を取り付ける治療は難易度が高く、直接ブラケットを装着することは困難です。
    そのため、まずは患者様の歯並びを再現した模型を製作し、ブラケットを取り付けるための「ガイド」を用意するという特徴があります。

  • リンガルブラケットのメリットデメリット

    • Merit

      • 外から矯正装置が分かりにくくなります
      • 口元が矯正装置で厚みが出ません
    • Demerit

      • 舌などが金属に触れると、出血するケースもあります
      • 表側矯正よりもやや装置が外れやすい
      • 表側矯正に比べて慣れるまで、違和感があったり、発音がしにくい

マウスピース矯正

  • 矯正しているのが分かりにくい矯正装置

    マウスピース矯正とは、透明なマウスピースを交換しながら歯並びを整える歯列矯正です。
    これまでワイヤーやブラケットの見た目がネックとなり、矯正治療に抵抗があった方も、マウスピース矯正であれば見た目の問題が解決する矯正方法と言えます。
    またマウスピースが患者様で取り外しができるので、発音や食事への影響も少ないのが特徴です。

  • マウスピース矯正の特徴

    • 透明で気付かれにくい

      矯正治療に使うマウスピースは透明度の高いプラスチック製。透明で薄いから「矯正治療中である」ということを周囲に気づかれにくいのです。見た目の美しさを損なうことなく歯並びを整えられます。

    • 使い捨てだから衛生的

      矯正治療中は常に歯が移動しますが、その動きに合わせてマウスピースの作り直しを行います。マウスピースは一定期間で廃棄して、新品の装置に取り換えられるため非常に衛生的です。また、金属不使用なためアレルギーのリスクもありません。

    • 取り外して歯磨きもできる

      マウスピースは自分自身で簡単に脱着できます。食事をするとき、あるいは歯を磨くときなどは取り外すことができるため、普段と同じようなメンテナンスが可能です。歯垢も溜まりにくく、虫歯や歯周病のリスクも減ります。

  • インビザラインで自然な笑顔に

    当クリニックで使用しているインビザラインも、透明なマウスピースを使った矯正治療です。外から目立たない、歯磨きや食事がしやすいといったマウスピース矯正の魅力を存分に感じられる治療方法になります。
    さらにインビザラインには、型取りが3Dスキャンで行えるため従来のようなドロドロと流れる材料を使用しないので、嘔吐反射がある患者様の負担を軽減し、安心して型取りが行えます。3Dスキャナーを使用して歯の動きをモニターで確認できるというメリットもあります。詳しくは詳細ページからご確認ください。

    マウスピース矯正
    (インビザライン)