小児矯正

お顔の悩み、歯列矯正で
改善するかもしれません

小児歯科

今でこそ大人向けの治療も一般化されましたが、そもそも歯列矯正は「子どもの歯並びや噛み合わせを直す」ことを目的に行われていました。
出っ歯や受け口、不正咬合といった骨格に関わる異常を歯列矯正で改善できる可能性もありますので、成長期のうちに矯正治療をはじめることはお子さんの将来に大きなメリットをもたらすことでしょう。

こんなお悩みの方におすすめです

  • お子さんの歯並びが気になる
  • 虫歯にしたくない
  • お子さんの発音、発声が気になる
  • お子さん自身が歯並びで悩んでいる
  • 歯の食いしばりがしにくく、力が入りにくい

小児矯正をすすめる理由

  • 顎の成長とともに自然に矯正できる

    子どもの骨は大人の骨よりも柔軟性があり、成長するための余力を残しています。特に顎の骨は、乳歯がスムーズに抜けるように柔らかく作られていますので、子どもの頃から歯列矯正は、大人になってからでは修正できない骨格そのものの修正を行うことが可能になります。
    歯列矯正により、顎や骨そのものの成長を促すこともでき、無理に歯を抜かなくても矯正治療を進めることができます。歯並びが悪いまま放置していると、顎が正常に発育することができず、顔の形にも悪い影響が及ぶ場合があるため要注意です。

  • 小児矯正のメリット

    • 見た目が綺麗に仕上がる

      小児矯正を行うと、顎の成長をバランスよく保つことができます。いずれ抜歯が必要なほど歯がアンバランスに大きくても、矯正により綺麗に仕上がります。

    • 抜歯のリスクを下げる

      歯並びを改善し、正しい形で顎の成長を促すことによって、成長した際に抜歯をしなくても理想的な歯並びの状態で維持できる可能性が高まります。

    • 衛生的なお口になる

      歯科矯正により口呼吸が減ると、口の乾きやすさが原因で発生する虫歯菌の増殖を抑えられます。虫歯や口臭の発生を抑えることにより、良好な衛生環境を保ちやすくなるのです。

    • 外見の悩みの解消

      歯並びは時にいじめの原因にもなるほか、将来に残るコンプレックスにもなり得ます。歯科矯正によって外見の悩みを無くすことができれば、精神発達という意味でも健全な環境を整えることが可能です。

    • 成長や発達への影響

      歯並びや噛み合わせを正すことができると食べ物を消化しやすくなったり、発音や発声などもスムーズになり、お子さんの健やかな成長が期待できます。

    • 悪い習慣を正せる

      歯並びは生まれ持っての骨格だけで決まるものではありません。歯並びに関わる変食や頬杖などの癖、寝るときの癖などを親御さんが正してあげるきっかけになります。

活発なお子さんには
小児用インビザラインを

  • インビザラインファーストをすすめるポイント

    当院ではインビザラインの小児版である「インビザラインファースト」のご利用をおすすめしています。アラインテクノロジー社が開発したインビザラインファーストは、2018年から欧米の歯科矯正で運用がスタートした比較的新しい歯科矯正です。
    マウスピース矯正であるため外から目立ちにくいことや、顎の骨の成長と歯並びを整えることを両立できることがメリットで、お子様に合った歯科矯正術といえます。

  • インビザラインファーストの特徴

    • 透明なマウスピースで、気づかれにくい

      透明なマウスピースを使用するため、外からでは矯正器具を装着していることがほぼわかりません。友達から指摘される心配がないこともメリットです。

    • スポーツや楽器演奏しているお子さんも安心

      ブラケットを使った矯正のように、スポーツや楽器演奏が阻害される心配がありません。部活動に取り組んでいるお子様でも安心です。

    • 従来通りの生活を楽しめる

      マウスピースの取り外しはお子様自身でも行えます。矯正中も歯磨きがしやすく、食事も普段通りに楽しめるため、ライフスタイルが崩れません。

    • 通院回数が少ない

      アライナーの取り換えは2週間に1度ですが、ご自宅で行えます。通院は1.5~3ヶ月に1度のペースですので、親御様の送迎の手間も減らせます。

症例集

よくある質問

Q

インビザラインファーストの対象年齢はいくつですか?

A

永久歯が生え始め、生え揃うまでの期間で、具体的には6~12歳までの小児期になります。
この時期は成長期にあたり、顎の大きさを矯正で拡げることが可能です。従来使用されていた拡大床と比べて自然に拡大でき、同時に歯列矯正もできることがインビザラインファーストの長所です。

Q

インビザラインファーストで対応することが難しいものはありますか?

A

成長の過程で、前歯の8本がすべて永久歯に生え変わるまではインビザラインファーストの治療はできません。また、受け口の改善もマウスピースだけで完結させることは困難です。

Q

矯正中に痛みはありますか?

A

歯を動かす際は若干の痛みが伴いますが、ワイヤーを使用する従来の治療法と比べると痛みにくいとされています。インビザラインファーストで使用するマウスピースそのものが薄く、装置が歯肉や唇に当たる機会を減らせるため、違和感も最小限です。

料金について

料金の情報については料金表のページをご参考ください。また治療の内容により費用が変わるケースもございますので、気になった方は遠慮なくスタッフまでお気軽にご相談ください。

料金表

インビザラインファーストの注意点

以下のような注意点が想定されます。もしご不明点があれば遠慮なくお声掛けください。

  • 歯並びや顎の状態次第ではインビザラインファーストの治療が適さない場合があり、その場合はワイヤーを使った従来タイプの矯正治療が必要になることがあります。
  • お口に入れるマウスピースは、1日20時間以上装着していなければ効果が表れません。