早く矯正を終わらせるには

できる限り早く
歯並びを整えるには

早く矯正を終わらせるには

患者様の中には矯正装置を付けて行う歯列矯正は少なからず行動に制限がかかるように感じる方もいらっしゃるかもしれません。ですので、私たちも早く矯正歯科治療を終わらせたいという気持ちも重々心得ております。早く終わらせるにはもちろん正しく矯正装置を付けて行うことも重要ですが、いくつかの早めに終わらせるポイントがあるのです。

こんなお悩みの方におすすめです

  • できるだけ、早く矯正を終わらせたい
  • 特別なイベントがあり急いでいる

歯が動く仕組み

歯はとても硬く、顎の骨に埋め込まれているのに、なぜ矯正装置で移動させられるのか疑問だという方は多いかもしれません。
歯と歯槽骨の間には、クッションの役目を果たす「歯根膜」という組織があり、矯正によって圧迫された骨は吸収されるような形で消滅します。それに対し、隙間となった部分には新しい骨を形成することでバランスを取ります。これを繰り返すことによって、結果的に歯が移動していくというのが歯列矯正のメカニズムです。

矯正歯科で
行う方法 (オーソパルス)

  • オーソパルスによる加速

    矯正治療と併せて、低レベル光の近赤外線を歯の周辺組織に照射する治療がオーソパルスです。
    オーソパルスを行うことで細胞エネルギーを活性化させることが可能になり、矯正治療にかかる期間を短縮することができます。また、痛みを軽減させられる効果を併せ持つこともオーソパルスのメリットです。
    歯列矯正を行うと骨や組織に圧力がかかり、細胞の働きを弱まらせてしまいます。オーソパルスによってミトコンドリアに働きかけると、これを補うことができるのです。この作用は、専門用語で「フォトバイオモジュレーション」と呼ばれています。

  • オーソパルス利用時のメリット

    • 治療期間が短くなる

      研究結果によると、オーソパルスを利用した場合の矯正治療期間は、通常時と比較して最大で66%も短縮できることがわかっています。3年かかるはずの治療を、約1年半に短縮させられることが大きなメリットです。

    • 痛みが少ない

      オーソパルスは細胞内のミトコンドリアに働きかけ、代謝の向上を促します。これによって痛みを治療時の痛みを緩和できることに加え、単純に治療回数や治療期間を減らせることも、痛みの軽減につながります。

    • 治療後も安定する

      低光レベルの照射を行い、骨再生を刺激することにより、代謝を高めながら歯を移動させることが可能です。通常の矯正治療と比較して移動後の歯が安定しやすいため、後戻りのリスクを下げることができます。

オーソパルスの注意点

以下のような注意点が想定されます。もしご不明点があれば遠慮なくお声掛けください。

  • オーソパルスの使用中に転倒すると非常に危険ですので、施術中に歩き回ることはおすすめできません。
  • 一般的な歯科矯正と同様に、効果には個人差があります。オーソパルスを利用したとしても、確実に治療期間を半減させられるとは限らないため、ご了承ください。
  • オーソパルスには、毎日同じ時間帯に使用したほうが効果が出やすいという特徴があります。2~3時間のズレなら特に大きな影響はありませんが、夜間の使用と朝の使用を交互に繰り返していると効果が期待できません。

矯正を長引かせないために
気にかけていただくこと

  • 診療の回数、予約を守る

    治療に大事なのは経過観察や定期的なメインテナンスを行い、歯科医師の指導をうけることが大事です。ご予約はできる限り守ってご来院ください。

  • 虫歯にならないための衛生管理

    歯ブラシ、フロスを使い、虫歯に注意しながらオーラルケアを行いましょう。歯列矯正を終えても虫歯にかかってしまっては意味がありません。

  • 矯正装置を正しく装着する

    歯列矯正は歯と矯正装置をしっかり装着することで効果が出やすくなります。ズレや隙間が出来ないように正しく装着しましょう

大切な日に向けて
歯の矯正をしたい

「歯列矯正を早く終えたい」という方の中には、結婚式を控えている、就職活動にむけて歯並びを整えたいという、明確な目標がある方も多いのではないでしょうか。
当クリニックではそういった方々へマウスピースなどを用いた歯列矯正の提案を行っています。